2010年03月22日

地産地焼

また新しい言葉が。

メロン農家とソニーが取引。

ん?と思って日経の記事を読み進めると

CO2排出枠取引の話。


環境問題も来るとこまで来たのか。

メロン農家5軒が組合を設立した上で

温室栽培の暖房設備に重油から木くずを

使用することで生まれたCO2排出量削減を

温暖化対策の「国内クレジット制度」を

利用してソニーと取引しているということ。


間伐材を利用した燃料転換の推進と

その背景を踏まえての高価格化された

エコブランドのメロンを購入する消費者。


エコと消費を結びつける活動が

農業で生まれつつあるこの流れは

なんとなく、これからの事業を

考えさせられるヒントが潜んでいる

気がしてならない。


【関連する記事】
posted by satoshimode at 13:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。